お知らせ

日頃より松本山雅FC、並びに山雅後援会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2015年度のYell事業ですが、2015年12月末にて回収を終了し、回収量は2,309,100kgとなりました。多くの皆さまのご協力のもと、前年度の約1.2倍の資源物を回収させていただく事ができました。
ご協力いただきましたファン、サポーター、協力事業所の皆さまに、心より御礼申し上げます。

Yell回収量集計表について

なお、詳細につきましては、2016年度通常総会にてご報告いたします。

日頃より松本山雅FC、並びに山雅後援会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2014年度のYell事業ですが、2014年12月末にて回収を終了し、回収量は1,931,957kgとなりました。これは事業初年度となった前年度の約5倍の回収量となります。
ご協力いただきましたファン、サポーター、協力事業所の皆さまに、心より御礼申し上げます。

Yell回収量集計表について

なお、詳細につきましては、2015年度通常総会にてご報告いたします。

日頃より松本山雅FCと山雅後援会に多大なるご支援を賜り誠にありがとうございます。

去る7/5に行われました【2014年度 第1弾】Yellキャンペーン大抽選会「古新聞を持ってアルウィンへ行こう!!」では、約700人の方に抽選会にご参加いただき、約2.5tの資源物のお持ち込みをいただきました。みなさまのご協力に、心よりお礼申し上げます。


▲たくさんのサポーターの皆さんがお持込くださいました


▲今年は新聞とペットボトルキャップが多かったです


▲1等 フェアープレーフラッグ 松本市 新村くん


▲2等 しんえこ賞 サイン入りユニフォーム 塩尻市 吉江久美子さん


▲3等 サイン入エナメルバッグ 松本市 川野くん

⇒YELL集計表はこちら

日頃より松本山雅FC、並びに山雅後援会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2月1日、2日の「松本山雅ホームタウンサミット2014」において、Yellシンポジウムを開催いたしました。シンポジウム内でご報告したとおり、13年4月14日の岐阜戦から正式稼働したYell事業において、12月末までの回収量は約411トンとなりました。多くの資源物提供のご協力、ありがとうございました。

⇒Yell集計表はこちら

この事業ではサプライヤー・スポンサーのしんえこ様との契約条件により、スタジアム内で発生するゴミ焼却に要する費用、およびYell事業のための経費としての200万円を超えた金額は、後援会に還元されることになっています。初年度は9ヶ月ほどの活動だったこともあり、金額換算で20万円ほど不足という結果になりました。
2014年度もYell事業を継続してまいります。引き続きのご支援とご協力をお願い申し上げます。

なおエコキャップの集計は、昨年末時点のストック分を含めて208kgとなり、ワクチン量換算で約104人分となりました。
今月中にはエコキャップ推進協会等へと送り、証明書が発行された時点で改めてホームページ上でご報告いたします。

山雅後援会では、Yell事業にご賛同いただける協力事業所様、および常設ステーションを設置する場所をご提供いただける方を随時募集しております。ご協力いただける方は山雅後援会事務局へお問い合わせください。

日頃より松本山雅FCならびに山雅後援会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2014年2月1日(土)〜2月2日(日)、2014松本山雅ホームタウンサミットを開催いたしました。

『松本山雅ホームタウンサミット2014』について(1)
「松本山雅ホームタウンサミット2014」について(2)
「松本山雅ホームタウンサミット2014」について(3)
2013年度 YELL集計について

様々な角度から松本山雅FCを掘り下げ、講演・報告等をしていただきました。

沢山の皆さまにご来場いただき、心よりお礼申し上げます。
松本山雅FCをより身近に感じていただけましたら幸いです。

お知らせ
2017/11/17
2018年度山雅後援会継続・新規ご入会のご案内
活動報告
2016/01/07
2015年度 Yell事業ご協力へのお礼
  • 山雅後援会安曇野支部ブログ
  • 山雅後援会東京支部ブログ
  • 山雅後援会上土商店街支部Facebook
  • 山雅後援会南信州支部Facebook
  • 山雅後援会岡谷支部Facebook
  • 山雅後援会大町支部ブログk
  • TEAMVAMOS蹴刊バモ通
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 松本山雅FC
山雅イメージ